<< ブザービート 最終回 | main | オリンピック >>

犬・猫 動物殺傷処分場

ママゴッチです女

見てください、可愛いでしょう
処分猫です猫

まだ乳飲み子です
空の青さも・・
母の顔も知らない

生まれたのが罪?
病気でもないのに“安楽死”です

う〜ん、何ともやるせない現実ですね

処分費?冷や汗 

仔猫・400円
成猫・2000円

命の値段です

私達の払う税金も設備・運営に使われています・・・



この猫達年間21万匹処分されるそうです
一匹一匹信じて疑わない猫達に注射する職員達も辛い仕事です

4〜5日前の深夜、たまたまテレビで見たんです、犬の処分場でした犬

街中を回収トラックが回ります、野犬、迷子犬はもちろん
驚きは飼い主が処分費を払って引取ってもらってるケース(えっ)・・・冷や汗
飼えなくなった何か事情ができたとはいえ・・・見てても辛い行為です冷や汗

早いケースは一日後には処分
今回放送していた処分場は5〜6匹を一つの檻にいれて(狭〜い檻)
“二酸化炭素注入”の号令でガス発射ボタンを押していました


何とも言えない叫び・もがき数十秒後には折り重なって死に絶えてます困惑

私も何も出来ないから五十歩百歩かもしれないけど、人間も動物・同じ命に優劣も高低もないのだから、飼えなくなったからといって命を売るのは止めて欲しいな困惑  犬猫だからといってポロリ

処分される寸前の犬達の目、解ってるんです今の状況を・・・
恐怖と哀願と入り混じったそれは哀しい目・・・ポロリ

行政も「いかに楽に死なせるか」ではなくて「いかに共存できるか」に知恵と税金を使って欲しいものです
人(こども達)が人の心や思いやりを失わない為にもねよつばのクローバー